fc2ブログ

人生のシナリオ

『人間は、生まれるときに証文を書いてきているようなものである』

「出来事には必ず教えがある」という言葉があるように、
この人生の中で、悩んだり、迷ったり、苦しんだりした時、
この出来事は「自分に何を教えているのか」と考えてみることが大切です。
その際、自分の人生は、自分の魂が書いたシナリオ通りであると信じることができたならば、
心はとても楽になります。

自分の魂の書いたシナリオ通りであるなら、過去を悔やむこともない。未来を案ずることもない。
何故なら、自分の魂の成長のために、最良、最高、最適なシナリオを神様とご相談のうえ決めて、
この世に生まれてきたのですから。

そのように考えると、「死ぬ」ということも実は不幸ではないのです。
死ぬこともすべて、生まれる前に「自分が書いたシナリオ」なのです。
ですから、不運・不幸で死ぬのではなく、シナリオ通りに死んでいく。
死ぬのは、事故でも病気でも老衰でもなく、「寿命」しかないのです。

幼い子どもを亡くすというのは親にとってこれほど辛いことは無い。
出来ることなら自分が代わってやりたいと思うのが親心というものでしょう。
しかし、実はそれも、「子ども自身が生まれる前に書いてきたシナリオ」であり、
親も同様に、「子どもを先に逝かせる」というシナリオを書いて生まれてきたということになります。
残された親は悲しむのは当然なのですが、その悲しみを乗り越えられるかが重要なのですね。

亡くなった子どもは、悲しみだけでなく色々なものを親に与えにきてくれたのです。
悲しみの体験を通じて、その親は他の悩みや苦しみを抱える人たちの人生相談に乗ることができ、
優しく慰めることが出来るようになる。
そのような親になってもらうことこそが、亡くなった子どもの願いなのですね。

不幸にしか見えない事柄の中に、どれだけの恩寵があることか。
その苦悩や絶望が縁となって、神様の願いに気付かせていただき、そこから信心の道に進ませていただけるのです。

一途

仏道に「往生」という言葉がありますが、これは一日一日を大事にして生きる生き方のことです。
そして死ぬのは、神さま仏さまにお任せすればよい。
「花の命は短くて」という有名な言葉がありますが、それは人間の嘆きでしかありません。
坂村真民さんの『花』という詩に、このようにあります。

花には
散ったあとの
悲しみはない
ただ一途に咲いた
喜びが残るのだ


花は、自らの美しさを誇示しょうとして咲いているのではありません。
人間が見ていようと、見ていまいと、ただ懸命に、「花だから咲く」のです。
自分に与えられたいのちを、与えられた環境の中で、与えられた役割を精一杯、
ただひとすじに果たして、次の世代にいのちをつないでいくのです。

朝顔は朝に咲いて夕べにしぼみ、夕顔は夕方に咲いて夜明けにしぼむ。
でも、一生懸命に咲いたのですから、朝顔も夕顔も決して悲しんでいないでしょう。
咲くのが、朝顔、夕顔の喜びなのです。
私たちが花を見て美しいと感じるのも、その花の形や色などの見た目だけにあるのではなく、
自らの生命を全うし、ただ一生懸命に咲いている、そのひとすじの気持ちが私たちを感動させるのですね。

私たち人間にもまた、自らに与えられた生命を精一杯に喜び、全うする役割が与えられているのではないでしょうか。
今日一日、自らに与えられた仕事を精一杯に喜んでさせて頂けるかどうか。
自分の中から喜びを生み出す稽古こそが信心であります。人間にとって感謝にまさる生き甲斐はないのですから。
この自分の中から、どれだけの喜びが現れ出るか。
花も咲かせ、実も結ばせて、ただひとすじに咲き切ろうとするところに美しさが生まれるのです。

願う心は神に届く

『願う心は神に届くものである。』

「念ずれば花ひらく」で有名な、坂村真民(さかむら しんみん)先生の詩は、
年令、職業を間わず幅広く愛唱され、その生き方とあわせて、「人生の師」と仰ぐ人が多いそうです。

先生が八歳の時、小学校の校長をしていた父親が急逝し、一家の生活はどん底に落ちます。
父親の死に目に会えなかった長男の先生に、母親は父の喉仏を与え、
「今日から毎朝水を供えるように」と命じました。それから先生の早起きが始まります。
誰も起きないうちに共同井戸の水を汲みに行き、父の喉仏に供えるのが日課となりました。
その日課は生涯続いたそうです。

母親は五人の幼子を育てるために懸命に働きました。
その母親の働く姿、そして母親が常に口ずさんでいた、「念ずれば花ひらく」という言葉が、
先生の心に焼き付いて、あの有名な詩が生まれたのです。

念ずれば花ひらく 
苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつひとつ ひらいていった


「祈ることしか出来ない」という溜め息混じりの言葉をよく耳にします。
これは、「自分には何も出来ないから、せめて祈りはするが、
祈ったところでどうにもならない」と、「祈り」を過小評価しているのではないかと思うのです。

「祈り」には力がある。このことは、本気で祈り、願い、念じた者のみが分かることです。
「祈ることしか出来ない」のではなくて、どんな絶望的な状況にあっても、「祈ることだけは出来る」のです。
そして、その願い、祈りというものが必ず自分の人生に形となって表れてくるのです。

御霊様とともに

『死ぬということは、もみを臼(うす)でひいた時、殻と実とが分かれるようなものであり、
時が来れば魂と体とが分かれるのである。』

人は誰でもいつかは必ず死ぬ。しかし、いつその時が訪れるのかは誰にも分かりません。
唯一つ言えることは、人が死ぬということは、その人として
一度は必ず出逢わなければならないことに出逢われたということです。
『殻と実とが分かれるように、時が来れば魂と体とが分かれる』というのは、
死は人生の最後に来るのではなく、最初から時々刻々、常に生と離れずに付きまとっているということです。

ですから死の問題というものが生きることと別にあるわけではなく、
実はそれは生の問題であって、本当に良い生き方が出来れば、それが同時に良い死に方にもなっているのです。

愛する人が亡くなることは、生きている者の心情としてはこれ程つらいことはなく、これ程淋しいことはない。
しかし、信心の眼で見れば、死んだからといって、どこへ行くわけでもない。
目には見えなくとも、声は聞こえなくとも、共にこの時を生きているのです。
本当に『会う』ということは、相手が見えるかどうか、相手と話すことが出来るかどうかではなく、
ひとつとなって生きて行くということです。

同じ家に毎日一緒に暮らしている家族であっても、顔を見るのも嫌だと言い合っているようでは、
本当に会っているとは言えないでしょう。
亡くなられた方とでも本当に会える道がある。一緒に暮らせる道がある。それが信心なのです。
一心に信心させて頂けば、今まで死んでいた者が、皆そこに生き返るのです。

仕事をしているときも、台所に立っているときも、いつもそこに一緒にいる。
寝入るときには傍で優しく見守り、困った時には助けてもくれる。
御霊様に命を吹き込み、それだけのお働きをしてもらうには、
まずは自分自身が精一杯、前向きに本気の毎日を送らせて頂くこと。
そのとき人は本当に生きたと言えるのであり、亡くなられた方に対しては本当の弔いともなるのです。

ただ一途に咲いて

仏道に「往生」という言葉がありますが、これは一日一日を大事にして生きる生き方のことです。
そして死ぬのは、神さま仏さまにお任せすればよい。
「花の命は短くて」という有名な言葉がありますが、それは人間の嘆きでしかありません。
坂村真民さんの『花』という詩に、このようにあります。

花には
散ったあとの
悲しみはない
ただ一途に咲いた
喜びが残るのだ

花は、自らの美しさを誇示しょうとして咲いているのではありません。
人間が見ていようと、見ていまいと、ただ懸命に、「花だから咲く」のです。
自分に与えられたいのちを、与えられた環境の中で、与えられた役割を精一杯、
ただひとすじに果たして、次の世代にいのちをつないでいくのです。

朝顔は朝に咲いて夕べにしぼみ、夕顔は夕方に咲いて夜明けにしぼむ。
でも、一生懸命に咲いたのですから、朝顔も夕顔も決して悲しんでいないでしょう。
咲くのが、朝顔、夕顔の喜びなのです。

私たちが花を見て美しいと感じるのも、その花の形や色などの見た目だけにあるのではなく、
自らの生命を全うし、ただ一生懸命に咲いている、そのひとすじの気持ちが私たちを感動させるのですね。
私たち人間にもまた、自らに与えられた生命を精一杯に喜び、全うする役割が与えられているのではないでしょうか。

今日一日、自らに与えられた仕事を精一杯に喜んでさせて頂けるかどうか。
自分の中から喜びを生み出す稽古こそが信心であります。人間にとって感謝にまさる生き甲斐はないのですから。
この自分の中から、どれだけの喜びが現れ出るか。
花も咲かせ、実も結ばせて、ただひとすじに咲き切ろうとするところに美しさが生まれるのです。

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター