FC2ブログ

神様の仕事

『仕事をするというから神は見ている。

仕事をさせていただくという心になれば、

神はつきまとってさせてやる。』                     

ノートルダム清心学園の理事長である渡辺和子さんは、

幼少の頃に二・二六事件で最愛の父親を目の前で亡くされます。

その後は家計を支えるために、米国の方々のもとでキャリアウーマンとして、

ただひたすらに合理性と効率を追求し働かれました。 


しかし三十歳のとき、家族の反対を押し切って入った修道院では、

配膳や洗濯、草むしりなど、いわゆる単純作業の毎日。

渡辺さんも当初はそのギャップに大変戸惑っておられたそうです。

そんなある日のこと、渡辺さんがいつものように配膳の仕事をしていると、先輩のシスターから声を掛けられました。

「あなたは何を考えながら、お皿を並べていますか?」。

渡辺さんは、まさか「つまらない、と考えながら…」とは言えず、

咄嗟に「別に何も考えておりません」と答えました。


するとそのシスターは、にっこりと笑って、

「一枚一枚のお皿を並べて置く時、ここに座る人が『お幸せでありますように』と、

祈りながら置いてみてはどうですか?

そうすれば、お皿を置くという、ただそれだけの仕事も、神様の仕事となるのですよ」


渡辺さんはこの言葉のおかげで、この世に「雑用」

という仕事など無いということがよく分かった、とおっしゃっています。

同じ仕事でも、「雑用」になるか、

「神様の仕事」になるか。それは私たちの心の持ち方次第です。


自分が「する」、「してやってる」と思って行う仕事には、必ず不満と不足が伴います。

それは、自分のものさしで仕事の大小、上下を決め、

自らの心から「つまらない仕事」「取るに足らない仕事」「雑用」を生み出してしまうためです。


一方、「させていただく」と思って行う仕事には、感謝と満足が伴います。

それは、仕事の大小に関係なく、仕事を通じて誰かの幸せを願い、

誰かの役に立とうとする願いが心の中心があるためです。


この心で行えば、仕事は何でも神様の仕事となるのです。

神が生まれる

『生神ということは、ここに神が生まれることである』

室町時代に活躍した浄土真宗の僧、

蓮如上人がある田舎町に訪れた時のことです。

糸を紡いでいた老婆が蓮如上人に向かって、

「私は糸を紡ぎ紡ぎ、念仏を唱えております」と言いました。

老婆は心の中で、蓮如上人がきっと満足の意を表されるであろうと期待していたのですが、

蓮如上人からは思いがけない答えが返ってきました。

「婆様、そうではない。念仏を唱え唱え、糸を紡ぎなされよ」

「糸を紡ぎ紡ぎ、念仏を唱える」とは、糸を紡ぐという仕事をしながらも信心を忘れずにいる、

ということですが、蓮如上人はそれではいけないと。

そうではなくて「念仏を唱え唱え、糸を紡ぐ」。

つまり、信心を中心に置いて、糸を紡ぐという仕事をしなさい、と老婆に教えられたのです。


仕事をしている自分がいて、その自分が信心をしているのであっては、

仕事が行き詰まった時、自分自身が行き詰まった時、助かる道はありません。

信心を中心に置けば、神様が中心に居られることになる。

神様が中心に居られて、信心させて頂いている自分が神様の手足となって働かせて頂くのですから、

仕事が行き詰まっても、自分自身が行き詰まっても、それを乗り越える力を与えて頂けるのです。


通例、神様というのは我々人間とは別にあるように思われていますが、

そうではなく、人間の中に現れる神様、生きた神様なのです。

それが人間が迷いや欲に引っかかっているから、神様が現れることが出来ない。奥の方に押し込められている。

それでは助かる道がありません。


「自分がする」ではなく、すべて神様に「させていただく」。

神様のお仕事を自分の手足を使ってさせていただき、

神様の生きておられる生き方を、自分の生活をもってさせていただくのです。

そこにこそ、助かる道があるのです。

重荷を担う力

インドの有名な哲学者タゴールの詩に、このような一節があります。


わが重荷を軽くせよとわれは祈らず

われをして重荷を担うことを、

得るものたらしめよ

というが、わが祈りなり


一般的に信心とは、不幸災難から逃れ、平穏無事な日々を送ることが目的とされていますが、

タゴールの祈りには、そのような不幸災難から逃れようとする心情はありません。

むしろ、不幸災難に打ち克っていこう、困難の渦中においても幸せに生きていこう、

という主体的な姿勢が祈りに込められているのです。

人間は皆、必ず何かで苦しむものです。その一人ひとりの苦しみも、決して生半可なものではありません。

胸につかえる問題は誰の人生においても、次々と起きてまいります。

しかし、その苦難の中にどれだけの神様の願いが込められているか、

一見無駄に見えることの中に、どれだけの恩寵があるか、ということに心を向けることが信心であります。

苦悩や絶望が縁となって、神様の願いに気付かせていただき、真の生き方に目覚める。

そこから自然と手が合わさるようになる。

いのちの根が深くなり、よりしっかりとした人生を送ることが出来るようになるのです。

確かにこの世の中は生きづらい。

一面から言えば、人生とは苦労の連続であります。

しかし、その苦労を乗り越えずして、何を乗り越えると言うのでしょうか。

そこを乗り越えて行くところに「生き甲斐」というものがある。


もしこの世のすべてがやさしくて、楽しい事ばかりだったら世の中は決して面白くないはずです。

生きづらい世の中を一生懸命に生き抜いてこそ、生きる喜びを感じることが出来るのです。

人間の本当の幸せとは、そのように人生で出逢う苦難を、

自らの心が乗り越えた先にあるのではないでしょうか。

その真理を何時も忘れないように、祈らせて頂きましょう。

理想の教師

『五穀は実が熟すほど頭を下げる。

 氏子は天地の神のありがたいことを知ったら、

 人に教えるにもかがんで教えてやるがよい。』


戦前の政界に大きな影響を与えた、頭山満(とうやまみつる)は、

その人物の大きさから「東洋的巨人」とも呼ばれ、彼を師と仰ぐ著名人は数知れず、

天風会の創始者で、数多くの指導者を育てた中村天風(なかむらてんぷう)もその一人です。


天風は師匠である頭山の力を借り、銀行頭取などを歴任し、実業界で大変活躍するのですが、

ある時、一切の社会的身分、財産を処分し、人を救い助ける道に生きる決心をしました。


頭山もこれには驚きましたが、お前が望むならばと快諾し、

それから天風は上野公園の片隅で毎日、道行く人々に人生について説き始めたのです。


しかし世間もなかなか認めてくれません。

来る日も来る日も、同じ場所に立って話をするのですが、誰も足を止めて聞いてくれません。

たまたま聞いてくれる人がいても、目を合わせると怖がってすぐに逃げてしまいます。

そのため、天風もなるべく人と目を合わさないようにして話をするようにしました。


ある日のこと、その日も同じように教えを説いていると、

珍しく数人の人が話を聞いてくれていました。しかしそこに雨が降り出したのです。

天風は構わず、雨に濡れながらも話を続けるのですが、雨はさらに激しくなり、

聞いてくれていた人たちも立ち去ってしまいました。

しかし、まだ一人だけ残って聞いてくれている人がいます。

目を合わせたら逃げられるかも知れないので、そちらを見ないようにして話を続けます。

しかしこのような大雨の中、よほど熱心な方だと思い、そっと目を向けてみました。


「頭山先生!」

なんと、そこにいたのは師匠である頭山だったのです。

頭山は優しく微笑み、「うん、うん、今日からわしがお主の弟子になろう」と言ったそうです。

天風は涙を流し、喜んだという話です。


教師と言うと、何かを教えたり、言い聞かせたりする人だと考えがちなのですが、実はそうではない。

相手と同じところまでかがんで降りて、実際にやって見せる人のことを、理想の教師と言うのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター