FC2ブログ

洗心

『信心する者は本心の玉を磨いて信心しなければならない。

 鉄でも磨けば銀のように見える。金銀も磨かなければ光がない。』


錆というのは、金属とくに鉄の表面が空気に触れて生ずる科学現象ですが、

空気のせいだけでなく、鉄自身がさびやすい性質を持っています。

さびやすい鉄でも、研いだり磨いたりを怠らないなら、

さびることなく光り続け、刃物ならよく切れるようになる。


人間の心でいう錆とは「我」というもの。

迷いやすい私たちの心も、よい教えに研いで頂くことが「我」が洗い流されて、

いつも美しい状態を保つことができるのです。


そもそも、「我」とは自分の力で生きているのだと勘違いするところから生まれてくるものです。

自分の力や努力のおかげでここまで来た。欲しいものを手に入れた。

物事を一生懸命頑張る人ほど、このような考えに陥りやすく、

周囲からも「我が強い人だ」などと言われます。


そして、そのような「我」がある為に、相手が神であれ人であれ、

心から感謝する心にはなれず、また心から頭を下げることも出来ない。

「我」があるために、他の人と隔たりが出来、対立することが起こってくる。

またそこから様々な問題も生じてくる。

さらに「我」のタチの悪いところとは、そうした自分の「我」に、自分自身が気付かないということ。

それが故に、人から諭されようが、責められようが、

かえって一層「我」を募らすことになるばかりなのです。


ただ、そのような強力な「我」というものにも、唯一の弱点があります。

それは、教えを聞いて自分自身で詫びること。

教えとは、この自分というものが、生かされて生きている我が身であった、

ということに気付かせるものです。

それが腹に落ちた時、これまでの自分を恥じて、詫びる心がでてくる。

「我」というのは、自ら気付いて、恥じ、詫びることによって、

不思議と消えてしまうものなのです。

神様の思し召し

『神は人間の親神である。

かわいいわが子を、どうして難儀に遭わせなさるであろうか。わが子をもって納得するがよい』


自分のことなど忘れ、助けずには居られないというのが、神様の御心なのですね。

どこまでも助けてやろう、どこまでも救ってやろう。

よしお前がどんなに悪い者であろうとも、どんなにつまらぬ者であろうとも、助けずには居られぬ。

悪ければ悪いだけ、つまらないならつまらないだけ、なお助けずには居られない。

わが子に対する親の心とは、そのようなものではないでしょうか。

この世に生まれ、世の中というものがだんだん分かってまいりますと、

本当に頼りになるものなど何も無いということを思い知らされます。

これこそと思ったものが遠慮無く倒れてしまい、

この人こそ大丈夫と思った人が変わってしまい、

そうしてこの世には本当に頼りになるものはないのかと探すのですが、

探せば探すだけ見えなくなっていくのです。


しかし、お道の教えを聞かせて頂くことによって、

神様が、「お前を助けずには居れないのだ」と仰って

ずっと自分を呼んで下さっていたことに気付かされるのですね。

あぁ神様が、そこまで私のことを御守り下さっていたのか。

私の心配事について、私以上に心配して下さっていたのか。

私が腹を立てる時には、それ以上に、神様が御心を痛めておられたのか。

そのような神様の御心がだんだんと分かってくるのです。


人間が不平不足を言ったり、心配したり、腹を立てたり。

どうも心の中に落ち着きがなかったりするのは、この神様の御心が分かっていないためです。

私たちが本当に「有り難い」と思える時。

それはどこまでも助けずには居られぬと言って、私たちが起きている時も寝ている時も、

ずっと神様が御守り下されているということを分からせて頂いた時、本当に心から「有り難い」と思えるのです。

信心させて頂くということは、神様のそのような思し召しを分からせて頂くことなのです。

ご時節のお繰り合わせ

『厄日に風が吹いても倒れさえせねば、吹かなかったと同じであろう。

 信心していれば、どこにどのような風が吹いておろうとも、吹く風に時を嫌わして下さる。

 たとえ風が当たっても、おかげの風にして下さる。

 ご信心さえしていれば、厄年も無常の風も恐れることはない。厄年がかえっておかげの年になる。』


「自分には、取り立てて心配な事は何も無い」と言われる方がおられますが、

どんな人でも突き詰めて考えてみた時に、

「これでもう安心だ」と言い切れるものなど、実は何一つ無いのです。

健康のこと、経済のこと、人間関係のこと、家族のこと…。

どれ一つをとってみても、これでもう心配はいらないと保証し得るものなど何もありません。 

「何も言うことが無い」というのも、言ってしまえば、

今はたまたま異常な事態に出逢っていないというだけのことであって、

一度異常な事態が起きてくれば、その苦しみを背負って生きていかねばなりません。

「無常の風」とは、諸行無常という仏道の教えです。

一切の形あるものは、常に変化していく。

風が花を散らすように、人間の命も無常が奪い取る。無常の風は時の良し悪しなど待ってはくれません。

そのように、元来、人間はわが身がわが自由になるものでないのですね。


しかし、そのような過酷な現実に対しても、この道では、

「時」の流れの中に神様の計らい(ご時節)があると説きます。

ご時節のお繰り合わせを頂いたら、「無常の風は時をきらわぬ(時を選ばない)」と嘆くことはない。

この世がたとえ諸行無常であっても、

人間を生かし育んでくださっておられる親神様のおかげを受けて生きるという、

人間の依るべき根っこをはっきりと掴んでいれば安心なのです。

「信心する者とせぬ者とでは、親のある子とない子ほど違う」

という教えも、そのような神様のお働きを指しているのです。

上手に苦しみましょう

相田みつをさんの『つまづいたおかげで』

という詩の中に、このような言葉があります。


つまづいたり ころんだりしたおかげで

物事を深く考えるようになりました

あやまちや失敗をくり返したおかげで

少しずつだが人のやることを

暖かい眼で見られるようになりました

何回も追いつめられたおかげで

人間としての 自分の弱さと だらしなさを

いやというほど知りました

だまされたり 裏切られたりしたおかげで

馬鹿正直で 親切な人間の暖かさも知りました



生身で生きているのですから、

痛い辛いがあるのが人生であります。

その苦難は、いくら言葉を飾ったところで、

当人にとっては不運な事には違いありません。

しかし、ただメソメソしているだけでは

不運な道を通る甲斐が無いじゃありませんか。



わざわざ痛い思いをして、

辛い思いをしているのですから、

その苦難にある「おかげ」を

しっかりと受け取ろうじゃありませんか。



病気なら病気のままに、

そのことを自分の務める役割として、

最高の演者となってみる。

そこで自分の生き方を見つけて行く。

病気を通して、他の病苦が察せられるところから、

人の痛みが心から分かり、

本当の意味で病人を慰めることが出来るようになる。



そうして自分の病気のことだけでなく、

人さまの病気も治りますようにと

願える自分にならせて頂く。

その願いこそ神様の御心なのです。

病気を通して神様の御心をわが心に頂けたのならば、

失ったものより遥かに大きなものを手にしたことになるのです。



幸いを喜ぶことなら誰にだって出来るでしょう。

しかし、苦難や絶望の渦中にあって、

「ありがとうございます」と

手を合わせることが出来るのが信心の有難さであります。



苦難や絶望が、

神様の願いに気付かせて頂いて真の生き方に目覚める

尊い縁ともなるのです。



避けられない苦難ならば、

遅かれ早かれ苦しむことになるのです。

それならば、いっそ上手に苦しみましょう。

心を健康に保つために

心理学を楽しく教えて下さる衛藤信之先生の講座を
勉強させて頂いていたときのお話しです。
先生がアメリカで心理学を学んでいるとき、
人はどうしたら鬱になるのかということを研究されていた教授がいたそうです。

試行錯誤の結果、ついに誰でも簡単に鬱になる方法を見つけられたそうです。

それは、一日千回溜め息をつき、それを三カ月間続けたら
ほぼ誰もがちゃんと鬱になるというものでした。

その教授は、それを実践したことによって見事に鬱になりました。
幸運な事に、教授は生徒達のカウンセリングで鬱を脱出でき、
そのプロセスをもとに博士号をとられたそうです。

毎日溜め息をつき続けることによって心が痛むのなら、
その反対は、心を健康に保つために笑うことが一番の特効薬なのですね。

つまり、幸せだから笑うのではなく、
笑うから幸せになるという見本のようなお話です。

さて現代は精神を病む人が多く、
入院しても、どういう基準で退院させればよいかというのが
精神科医の悩むところだそうです。

その判断基準を、精神科医の中井久男教授が
『精神健康の基準』として考え出されました。

その内容はというと、
イヤなことは後回しにする能力。

出来たらやめておきたいと思う能力。

一人でいられる能力、また二人でいられる能力。

ウソをつく能力。

いい加減で手を打つ能力。

しなければならないという気持ちに対抗できる能力。

精神を無理に統一しない能力。

という基準でした。

「エッ、それってみんな私の持っている能力じゃないの」
と思われる方、そう、だからあなたは心が健康なのです。
あなたは立派にいい加減な人だということです。

いい加減でやめる能力のない人、嘘のつけない人は退院できないのです。

つまり、理想に縛られたり、何事もきちんと出来ないと許せない人、
正直に真面目すぎる人は危なっかしいのです。

「いい加減バンザイ」「ちゃらんぽらんバンザイ」ですよね。

だってどんな失敗をしでかしても、心だけは健康に保てるのですから。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター