FC2ブログ

繋がり

子供の純粋な心に差別意識を植え付けるものとは、一体何でしょうか。

その具体例として、このような話があります。

三歳ぐらいの子供を連れた母親が、水道工事をしている人たちのそばを通りながら言います。

「おじさんたちが、こうして働いていて下さるおかげで、おいしいお水が飲めるのよ。

ありがとうといって通りましょうね。」


同じところを、これまた幼い子を連れた別の母親が通りかかります。

子どもに向かって言いました。

「坊やも勉強しないと、こういうお仕事をしないといけなくなるのよ」

価値観はこのようにして、親から子どもに伝えられます。

子どもは親や教師の「いう通り」になりませんが、「する通り」になると言われます。

最初の母親は、人間はお互い同士、支え合って生きていること、

労働への感謝の念を子どもの心に植えつけたのに対し、

二番目の母親は、職業に対する偏見と、人間を学歴などで差別する価値観を植えつけたのです。

『人は生まれながらにして平等である』という言葉がありますが、

この資本主義社会を見てみれば、生まれた環境によって、

生活水準も受ける教育も大きく違ってきます。

経済的な観点から言えば、「平等」とは程遠いのが現実ではないでしょうか。


お道の教えにこのようにあります。

『人の身が大事か、わが身が大事か。人もわが身も人である』

これは、みんな同じ人間なのだから仲良くしましょうという意味ではなく、

「自分」や「他人」などという区別など、もともと無いのであるという、まことに深遠な教えであります。

私たちの「いのち」というものは、他の多くの「いのち」と繋がり、支え合って存在しているのです。 

ですから、経済的には上下はあっても、

「いのち」には上下などありません。あるのは繋がりなのです。

ですから、真に教養のある人とは、

今の自分の幸せを人に分けてあげられる人のことを言うのです。

そして、自分の幸せを人と分かち合うところにこそ、本当の幸せがあるのです。

欲とは何か

「欲があるから働くのであり、働きもできる。

欲があるから正直であり、正直にもなり得る。

欲があるから真面目であり、真面目にもなり得る。欲があるから、頼まれても横着しないのです。」

…大事なことは、本当の欲というものを、知るか知らないかということだ。」

(湯川安太郎師)


一般的に宗教と言いますと、

「欲」とは人間にとって、いけないものであり、捨てるべきものである、

と教えているように思われがちです。

確かに人間は昔から欲の為に苦しみ、欲の無い世界に憧れてきたに違いありません。

仏教でいう極楽も、キリスト教でいう天国も、欲の無い世界です。


しかし、いくら信仰を深め、難行苦行をしたところで、

欲というものが捨てようとして捨てられるようなものではないところに、

かえってその苦しみがあるのも事実でしょう。

もし本当にこの世の中から欲が無くなるとすると、一体どうなってしまうでしょうか。

いくら欲を否定したところで、人間の自己発展を促し、

行動に駆り立ててきたものは、他でもない人間の欲なのです。


そこで、このように考えてみてはいかがでしょうか。

本来、欲というのは人間にとって捨てることのできない、

また捨てるべきでない神様からのお恵みであり、生命の糧なのだと。


お恵みなのですから、お恵みとして使わせて頂く限りは、道にかなっており、

人間の幸せを生み出す働きとなるのです。


では、本当の欲とは何かと申しますと、それは「我」を離れた欲のことです。

我とは、「自分」に執着する心であり、「欲」に「我」がひっついて「我欲」になりますと、

全体の都合ではなく、自分のみの都合をはかる、身勝手な欲となるのです。

私たちが自分の心に悩みをこしらえて自ら苦しみ、他人にも迷惑をかけ、落ち着かない原因を作るのは何故か。

それは他人のことなど忘れてしまい、自分の得手勝手ばかり考え、

その自分にいつまでも執着しているためなのです。

我を離れたところに人が助かる道がある。

我を離れた本当の欲を持たせて頂きたいと願うのです。

人生のリレー

坂村真民先生の詩にこのようにあります。


あとからくる者のために
苦労をするのだ 我慢をするのだ
田を耕し 種を用意しておくのだ

あとからくる者のために
しんみんよお前は 詩を書いておくのだ

あとからくる者のために
山を川を海を きれいにしておくのだ

あああとからくる者のために
みんなそれぞれの力を傾けるのだ

あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
未来を受け継ぐ者たちのために
みな夫々自分でできる何かをしておくのだ


私たちの人生の長さは人それぞれ違いますが、どんな人生も必ず途中で終わりを迎えます。

ここがゴールなどというものはありません。

私たちに出来ることは、何億年と続く生命のリレーの、自らに与えられた一区間、

この人生をどのように走るか、走ったかということに尽きます。

リレー走者が心掛けることは何か。

それは、バトンを手渡す者たちの為に何が出来るかということ。それに尽きるのです。


自分から人に何かしてあげなさい、などという教えを聞くと、

なるほど確かにそれは善いことには違いないが、こっちが損じゃありませんか、と思うのが人の心というものです。

しかし、そう思うのは教えの本当の意味が分かっていないからであります。


人に親切にするということは、自分自身が嬉しい。

進んで人のお役に立とうとすることを、自らの生命が求めている。

そのことを私たちに気付かせようにするのが、教えの根本なのです。


人に親切にし、進んで仕事をしようとするとき、自分の中から大変よいものが湧き出る。

それが嬉しさとなり、気持ち良さとなり、幸せとなるのです。


生命のバトンを繋ぐ一走者として、自分に何が出来るのか。

いつからでも遅くはない。そこにこそ、本当の幸せがあるのです。

信心とは何か

『信心といっても別にむずかしいことはない。

親にものを言うように、朝起きたらお礼を申し、その日のことが都合よくいくように願い、

よそへ行く時には、行ってまいりますと言ってお届け申しあげよ。

そして、帰って来れば、無事で帰りましたとお礼を言い、

夜寝る時にはまた、その日のお礼を申して寝るようにすれば、それで信心になる』



中国・唐の末期に趙州従諗(じょうしゅう じゅうしん)という禅僧がおられました。

ある時、一人の雲水が「道とは何ですか?」と問うたところ、趙州和尚はあっさりと

「墻外底(しょうがいてい)」道なら垣根の外に在るわい、

と答えました。


雲水は馬鹿にされたと思って、

「私がお尋ねしているのは、その道のことじゃありません。仏教の大道を尋ねているのです」

と口をとがらして言いました。

すると趙州和尚はこう答えます。

「ああ、大道は長安に通っておる」と。

有名な公案であります。


『道』というものが何か高尚な概念だと決めつけている雲水に、

垣根の外の小道もたどっていけば都に通じているように、

生活の全て、一挙一動が人として踏み行うべき正しい道、大道に通じているのだ。

つまり、道とは実践なのだと諭したわけです。



神様がどこにいて、どのような姿で、男か女か、などというのも、さしたる問題ではありません。

道が分かる、神様が分かるということは、知識や学問として理解するというものではなく、

自分自身の生き方、信心が進んでいく中で、

自分の命、生活は自分だけのものではなく、一切の働きによって

「生かされて生きている」ということが分かるということであります。


大切なことは、一日一日、「生かされて生きている」ことに感謝をして生きていくこと。

その想いで毎日の仕事を有り難くさせていただく。

人と物を大事にさせていただく。

それが信心であり、肝心要のところはここにあるのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター