fc2ブログ

言霊

平成二十一年に百一歳で亡くなられた臨済宗の禅僧、松原泰道師は、
『言葉は心の足音』と説かれていました。
思わずハッとされられる言葉ですよね。

私自身のことで考えてみましても、
心が乱れている時には自然と言葉も乱れていることに気付かされます。
怒っている時やイライラしている時などには乱暴な言葉を使い、また乱暴な口調になっている。
また逆に、嬉しい時や楽しい時には自然と柔和な言葉、柔和な口調となっている。

そのように自分自身の感情が言葉として音となって表れるので、松原師は「心の足音」と説かれたのでしょう。
自分自身の心というのは、はっきりとは見えず聞こえず、それがゆえに見失いやすいものですが、
心の足音、自らの言葉であれば、しっかりと我が耳に聞くことが出来るものです。

かつて日本は「言霊の幸わう国」と呼ばれていました。
「言霊」とは言葉に宿る霊(たましい)の働きのことです。
言葉とは「ことの葉」、葉はものを包むものですから、言葉という風呂敷に、
自分の一番綺麗な霊(たましい)を包んで、人に差し上げるのが本来の姿なのですね。
そうしてはじめて言葉を渡した者も、言葉を受け取った者も喜び幸わう。ともに幸せになれるのです。

本当に良い言葉を出すには、その心掛けで毎日やって行かねばなりません。
毎朝の「おはよう」から信心が始まるのです。
これまで言ったことのない「おはよう」の言葉を、親に対し、妻に対し、子どもに対し、心掛けていく。
そこから一日の信心が始まるのです。その信心から出る言葉の一つひとつが、
私たちの生活を幸わうものにしていく。そこに神様がお働き下さるのです。
自分だけの為ではありません。良い言葉は良い言葉を生んで来るものですから、
周囲の人々をも助けることに繋がっていくのです。
普段何気なく使っている言葉の中に、どれだけの愛と祈りを込められるか。
そこのところを、共々に取り組ませて頂きたいと願います。

人が人を助けるのが人間

『人が人を助けるのが人間である。
人間は、子供がころんでいるのを見て、
すぐに起こしてやり、また水に落ちているのを
見て、すぐに引き上げてやることができる。
人間は万物の霊長であるから、自分の思うように
働き、人を助けることができるのは、ありがたいことではないか。』


中国・清の第五代皇帝の雍正(ようせい)は、
国と人民のために寝食を惜しんで働いたことから、
中国史上最も勤勉な皇帝とも言われています。

その雍正が学問をするうえで最も大切にしたことが、「自得(じとく)」という言葉でした。
自得とは「自己を得る」。
つまり、「自らを知る」ということですが、雍正は自得園という別邸まで建てて、
自らを知ることに真剣に取り組んだそうです。

自得の大切さは、なにも東洋だけの考えではありません。
ソクラテスも「汝、自らを知れ」。
ゲーテも「人生は自分探しの旅だ」と言っています。

考えてもみますと、私たちは学ぶことにせよ、働くことにせよ、
名を成そう、人から賞賛されよう、とばかり考え躍起になるものですが、
そこに執着するあまり、自己というものを見失いがちです。

見誤ってはならないことは、人は社会的に何かを成し遂げたから偉いのではなく、
その人に与えられている生命自体が尊いのです。

自らを知るとは、その自らの生命に託された「願い」を知るということ。
何をするかという手段ではなく、人間とは何かという根本を知ることです。
『人が人を助けるのが人間である』ということは、
私たちが学ぶこと、働くこと、活動すべての中心に「人を助ける」ということを置けば間違い無いという教えなのですね。

つまり、学ぶということは、自らを高めて人の役に立つために学ぶのであり、
働くということも、自らの身体、能力を用いて人が助かることをするために働くということになります。
自得とはこのことを悟り、実行して行くことであり、自得した者が成す仕事とは、
その職業が何であれ、自他ともに幸せをもたらす仕事となるのです。

日々の改まりが第一

『信心は日々の改まりが第一である。
毎日、元日の心で暮らし、日が暮れたら大晦日
と思い、夜が明けたら元日と思って、日々うれ
しく暮らせば家庭に不和はない』


元日には、皆が「おめでとう、おめでとう」と言い合い、新年を喜び合います。
日本人にとって元日とは、単に年度が変わったということだけではなく、
生命が改まって再生するという、民族的な心情が心の底にあるのではないでしょうか。
そのために、すがすがしく新しい心と感動を持って、元日を迎えることが出来るのですね。

暦の上では元日も他の日も一日には変わりありませんが、
年改まる元日には、人間の心情をも改まらせる働きがあり、それがたいへん有り難いことだと思うのです。

「元日の心」とは改まりの心であります。
今日という日を迎えた感動の中で、「今日こそは」「今年こそは」という願いを立て、
感謝と反省の胸に神仏に手を掌わせる。
そして、今日という一日を出来る限り大切に過ごそうとする。
そのような心、願い、行動を毎日続けることが信心です。

信心すれば、家庭に職場に、良い人間関係が生まれ、幸せな人生を歩んでいくことができます。
だからこそ、元日の今日。この心持ちを、しっかりと見ていき、味わっていき、保っていき、
そうしてどのようなことに出遭っても自分から離れないように心掛けることが、大切です。

信仰上の修行というのも、そのためにあるのです。
木魚を叩いて念仏を唱えたり、断食をしたり、山に登ったり、川を渡ったり。
それらはすべて、その間に感じる、何とも言えぬ有り難い心を自らに覚え込ませ、
自らがそのように成り切るために、させて頂くことであります。

このお道では、体を痛めつけたり我慢したりする修行はありません。
その代わりに、「元日の心」を持ち続けることを修行とするのです。
元日の心を携えて、日々の生活を有り難く送っていくその中に、
有り難いおかげ(幸せ)が生まれてくるのです。

不機嫌にならないこと

『広大なおかげ、広大なおかげと言うが、
おかげとは氏子のめいめいの真に映る
影のことじゃから、神様に大きな真を向けて見よ、大きなおかげがわが身にいただける。
小さな真で大きなおかげはもらえぬぞ。
影は形にそうと決まったものじゃ。』


ドイツの文豪ゲーテは、「人間の最大の罪は、不機嫌である」と残しています。

物を盗むことであるとか、人を殺すことではなく、不機嫌を振りまいて歩くこと。
その人が接する全ての人に悪影響を及ぼす、不機嫌こそが最大の罪であるということです。

例えば天気一つで機嫌を悪くされる方もおられる。
天気が良ければ機嫌が良いが、天気が悪ければ機嫌も悪い。
ゲーテに言わせれば、このような人は大変罪深い人ということになりますが、
さて、皆さまはいかがでしょうか?

信心させていただくというのは、それは例えて言うならば、自らの心に天気を持つということです。
雨が降ろうが陽が照ろうが関係なく、いつも心が晴れ渡っている。
周りの環境がどうであろうとも、自分自身に有り難い心が定まっていて、
その有り難い心を持って人に親切にし、物事にあたっては実意丁寧な生き方ができるようになることを願い、
実践することを「信心させていただく」と言うのですね。

では、信心させていただけば何が変わるのかと言えば、それは現在いる環境が変わるのです。
私たちの現在いる環境とは、今の自分にとっての最適な場所であり、最善の学びの場です。
ただし、私たちが今いる環境で必要なことを学び、そして成長し、自分の心が変わったならば、
次の新しい環境が目の前に現れることになる。

大半の人が自分の環境が改善されることを願いますが、自分の心を変えようともなかなか思えない。
しかし、幸せも成功も、私たちの心の影なのです。
実体が大きいほど影も大きくなる。

自らの心に天気を持ち、感謝と歓喜によって心が磨かれ成長していく時。
それは、私たちの運命が明るい方向へ展開していくときに他ならないのです。

すべておかげの中でのこと

『お天道様のお照らしなさるのもおかげ、
雨の降られるのもおかげ、
人間はみな、おかげの中に生かされて生きている。
人間は、おかげの中に生まれ、
おかげの中で生活をし、
おかげの中に死んでいくのである。』


信心をすれば一切の苦難が無くなるかと問われれば、残念ながらそんなことは有り得ないでしょう。
人が人として生きていく以上は、色々な苦難にどうしても直面していきます。

しかし、事実として苦難がありながらも、そのことで心が苦しまなくなる。
その苦難の中にも「幸せ」を見出せる。
別の角度から物事を見つめ、そこに自然と手が掌わせるようになる。
信心させて頂くと、そのような身の上にならせて頂けるのですね。

過去の出来事を捨て去ることはできなくても、とらえ直すことはできます。
現実を変えることが出来なくても、悩みに対する心の持ち方を変えることはできます。
境遇は変えられなくても、生き方を変えることで人生の見え方が変わるのです。

「○○さえあれば、私は幸せになれる」
「○○にならないと、私は幸せになれない」
と思い込んでいる人は、その幸せが得られない限り幸せになれませんし、他の幸せになかなか気付くことが出ません。

しかし、実はこの世の中は、数え切れないほどたくさんの「幸せ」に満ちているのです。
自分がすでにもっている幸せもたくさんあるし、これから出逢う幸せもたくさんある。
ただし、そのすべての幸せを得られるわけではなく、自分にはどうしても得られない幸せというのもあります。

そして、自分にも得られる幸せがこの人生には必ず準備されていて、しかもそれは一つや二つじゃありません。
数え切れないほどたくさんあるのです。
大切なことは、私たち一人ひとりがその自分に準備された幸せに気付くだけのことなのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター