FC2ブログ

心を丸く、円にして

『おかげは和賀心にあり。

和はやわらぐで、賀は祝賀の賀である』


「和」とは、二つのものが一緒になることですが、

その「和」の精神が表された形が円です。

車輪が四角だったら、車は前進しません。

丸いから前進できるのです。


人においても同じことで、自分の心を円にしてはじめて、

この人生を生き生きと生きていけるようになるのです。 


また、心がそのように丸くなっている状態を、「幸せ」とも呼びます。

「円満」という言葉があるように、満ち足りていて不足がない状態を言うのですね。

それに対して「不幸せ」とは、何かしら不足があるために心の円に穴が空いていて、

半月になったり三日月になったり、人によっては、かじられ尽した林檎のようになっていたりする。 


では、そのように心の円に穴を空けている不足の正体とは何かと言いますと、

それは「自分の期待通りにならない」という思い。これに尽きます。


不幸せな人というのは、何かしら不足を言われるものですが、

それらはすべて、自分の期待通りに人、モノ、お金が動いてくれないというものなのです。 


しかし、そのような自分の不足というものを一体誰が埋めてくれると言うのでしょうか。

結局は、自分でしかその穴は防げないのです。


幸せになろうとしながら、人を当てにしては不足を言って、

幸せになれない心の在り方になってしまっている。これが「迷い」なのですね。


そうではなく、

「人から何かしてもらおうと思わなくても、この自分自身の中に限りのないお恵みを頂いているのだ。

私の中から、どんなことでもしようという心が出てくれば、何だって出来る。

無限に良いものを私は授かっているのだ!」


このことに気付かせて頂くことが信心であり、

そこに至ってはじめて、自分の不足というものが無くなる。

穴が埋まって円満となり、幸せになれるのです。

心を丸く、円にすることをいつも心掛けていきましょう。

神様の御用

『神を使うて、神に使われることを知らず』

世間一般的に、信心とは「自分が神様を信じること」と考えられています。

かく言う私も、長い間そのように考えておりましたので、大変よく分かるのですが、

そのような信心をする人は、

「神様がいるか、いないか。自分がどれだけ神様を信じることができるか」

ということが信心の問題となります。


しかし、そのような考えの人が「神様を信じる」と言ったところで、

自分が神様を信じるのでありますから、

神様というのは自己の神認識の程度を出るものではなく、

信心の中身も自己の性格や考えによって偏ったものとなります。

また神様に向かって深々と頭を下げているようであっても、

それは形だけのことであって、実際には自分の意向が主となり、

自分の願いに合わせて神様に働いてもらおうとしているのが信心の中身なのです。


そのようにして、自分にとって神様が必要な時には、「神様、神様」と言って近づき、

感涙にむせぶこともありますが、必要でない時には忘れてしまうか、あっさりと見切りをつける。

挙げ句の果てには神様に責任を押し付けたりもする。


『神を使うて、神に使われることを知らず』という教えは、

そのような自分本位の信心をする者には天罰が当たるなどということではなく、

そのような信心では本当の意味でその人が助かって行かない、ということを嘆かれた教えであろうかと思うのです。


これまで神様を使うばかりであったならば、

これからは神様に使われるような自分にならせて頂く。

神様に使われることを、このお道では「御用」と言います。


教会で御祈念をし、神様に願ったならば、わが身に神様を頂いて家庭や職場に御用に行かせて頂く。

家庭や職場に難儀があれば、その難儀のある家庭や職場の中に入り込んで、

わが身を使って人を助ける神様の御用に立たせて頂くのです。

これからは人を助ける神様の御用をさせて頂くと心に決めて、自分の生活を通して、

神様の生きておられる働きをさせて頂くことが真の信心なのです。

良いもの、悪いもの

雨が降ると「天気が悪い」と言います。

ところが、それならずっと雨が降らなければ良い天気かと言えば、

それも困ることがあって「雨よ降れ」と言う。

そうして雨が降れば「良い雨だ」と言う。


私たちの「良い」「悪い」というのは、雨そのものを言うのではありません。

降って欲しい時に降る雨は「良い」ものですし、降って欲しくない時に降る雨は「悪い」ものです。 

どこに良い悪いがあるかと言うと雨そのものではなく、関係にあるのです。

生きている者と雨との関係がどのようなものか。そこに、良い悪いが生まれてくるのです。

雨だけではありません。人もまたしかりです。

自分については、いつも同じ自分だと考える。

他の人については、あの人はどのような人間で、良いとか悪いと決めつけてしまいがちなのですが、

本当はそうではありません。

自分のことで考えてみても、いつも同じ自分ではないはずです。

会う人との関係によって自分も変わるのです。

先生と会う時、友達と会う時、子供と会う時。

親しい人と会う時と嫌いな人と会う時とでは、決して同じ自分ではないはずです。

雨に対して良い悪いと、雨だけを見て決めつけているのと同じように、

人に対しても、その人だけを見て良い悪いを決めつけているのです。

たとえ雨が降り続いても、その雨との関係を良くできさえすれば、

「困った雨だ」とか「悪い雨だ」と言わずに済むようになります。

人に対しても同じように、自分が悪い、相手が悪い、という視点から離れなくてはなりません。

良いとか悪いとかいうことは程度の問題であり、

良いと言えば皆が良いとも言えるし、悪いと言えば皆が悪いとも言える。

人間を知れば知るほど、そう単純に良し悪しなど言えないことに気付く筈です。


白と黒、善と悪の間に人間があります。

そして、そのどちらにもいくことが出来るのです。

ですから人と人、人とものとの「関係」を願いましょう。

その関係が少しでも良くなるように、強くなるように願い、

出来る限りのことをさせて頂くことが肝心であります。

日に日に生きる

お道の教えに、このようにあります。

『日に日に生きるが信心なり。』

一日一日、日は経つ。夜が明けて日が暮れる。

毎日が同じことの繰り返しのように思われるのですが、決して同じではない。

この「同じではない」ということが大切なところであります。

何事も続けていけば慣れるものです。

「慣れる」ということは、以前よりも早く上手に物事が進められるようになることですから、

慣れること自体は悪いことではありません。


しかし、仕事でも交際でも慣れてきますと、一番大切な「同じではない」という思いが抜け落ちる。

一日一日、その時その時が新たなのだという思いが抜け落ちるのです。

それでは台無しです。


一番大切なことは、その今までと違った、今日の生き方がどうなっていくかということ。

その生き方をよい具合にしていく為に、慣れるということが要るのです。

慣れるということだけでいいことなどありません。


「おはよう」一つでも、ただの口癖になっているというのではいけません。

今朝の「おはよう」は、これまで何千、何万回と言った言葉かも知れませんが、

これまでに言ったことのない「おはよう」を心掛けていくのが、信心であり、幸せになる秘訣なのです。


昨日まで言ったことのない、よい「おはよう」を今朝言おう。

そこから一日の事を始めましょう。


出掛けて家に帰る時にも、今朝出た時よりも、帰るときにはもっとよい私になって帰ろう。

そのような気持ちで帰る。

ですから、「ただいま」と言うことでも、今までに何千、何万回と言った言葉かも知れませんが、

これまでに言ったことのない「ただいま」を心掛けていきましょう。

そうすると、一日一日の生活全体が、だんだんとよくなってまいります。


「生きる」ということはただ漫然と日々を過ごすのではなく、何かを生み出していく働きです。

何を生むか。生むものによって自分の価値が決まります。

おかしなものを生んでしまっては、この自分というものが台無しです。

ですから、「日に日に生きる」という教えを心の芯に頂くことが大切なのです。

喜びの道

『このお道は喜びの道であるから、それをご信心申す者が、

喜ばぬつらい顔をして日を過ごしてはならぬ。

天地の親神様をご信心するのじゃもの、天地のような広い心にならねばならぬ。』


リンカーンが大統領の時に、彼の親友が

ある人を内閣に入れたらどうかと薦めましたが、リンカーンは、

「彼の顔が気に入らないから嫌だ」と答えました。

それを聞いた親友が、「顔は生まれつきなんだから、彼に責任はない」と反論したところ、

リンカーンは「人間というものは、四十歳にもなれば自分の顔に責任がある。

あんな顔をしているのではだめだ。」

そういって断固受けつけなかったそうです。

リンカーンが言いたかったのは、顔そのものではなくて、顔に表れる表情や雰囲気のことでしょう。 

人生経験をある程度積んだ四十代にもなれば、それまでの生き方や考え方が

自然と顔に表れてくる、というのは納得できる考え方です。

さて、それでは「いい顔」とは一体どのような顔なのでしょうか。


生身で生きているのですから、悲しいことも辛いことも色々あるのが人生です。

困難が無い人生なんて在り得ないでしょう。

しかし、そこで不足ばかり並べてみたところで物事は好転して行きません。

神様にお願いするにも、不足を土台にしては心も顔も歪んでしまいます。

思いつく限りのお礼を土台に笑顔で信心させて頂くことが大切なのです。

プラスを感謝することなら誰にだって出来るでしょう。

しかし、苦悩や絶望といったマイナスの淵にあって、

「ありがとうございます」と手が合わせることが出来るのが信心の有り難いところであります。

また、そのような信心をされている人というのは、

周りの環境がどうであろうとも、いつも心に神様が居られるので、自然と笑顔がにじみでるのです。

同じ苦労をするのなら、その苦労の経験が、やがては自分の大切な人のお役に立つように

と神様が差し向けて下さったのだとお礼を申しましょう。

その苦労は人生の尊い宝となり、自分の顔を、厚みがあり、また味わい深いものにしてくれるはずです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター