FC2ブログ

本心の玉を磨く

『信心する者は本心の玉を磨いて信心しなければならない。

鉄でも磨けば銀のように見える。金銀も磨かなければ光がない。』

錆というのは、金属とくに鉄の表面が空気に触れて生ずる科学現象ですが、

空気のせいだけでなく、鉄自身がさびやすい性質を持っています。

さびやすい鉄でも、研いだり磨いたりを怠らないなら、さびることなく光り続け、刃物ならよく切れるようになる。

同様に、迷いやすい私たちの心も、よい教えに研いで頂くことが大切なのですね。

人間の心でいう「我」というのも、錆みたいなものです。

そもそも「我」とは、自分の力で生きているのだと勘違いするところから生まれてきます。

自分の力や努力のおかげでここまで来た。欲しいものを手に入れた。

物事を一生懸命頑張る人ほど、このような考えに陥りやすく、周囲からも「我が強い人だ」などと言われます。

そして、そのような「我」がある為に、相手が神であれ人であれ、心から感謝する心にはなれず、

また心から頭を下げることも出来ない。

「我」があるために、他の人と隔たりが出来、対立することが起こってくる。

またそこから様々な問題も生じてくる。

さらに「我」のタチの悪いところとは、そうした自分の「我」に、自分自身が気付かないということ。

それが故に、人から諭されようが、責められようが、かえって一層「我」を募らすことになるばかりなのです。

ただ、そのような強力な「我」というものにも、唯一の弱点があります。

それは、教えを聞いて自分自身で詫びることです。

教えとは、この自分というものが、生かされて生きている我が身であった、ということに気付かせるものです。

それが腹に落ちた時、これまでの自分を恥じて、詫びる心が必ず生まれる。

「我」というのは、自ら気付いて、恥じ、詫びることによって、不思議と消えてしまうのです。

教えを聞かせていただいて、日々「我」を洗い流させていただきましょう。

かわいそうにと思う心

『不幸せな者を見て、真にかわいそうと思う心から、わが身を忘れて人を助ける、

 そのかわいそうと思う心が神心である。』

浄土真宗の開祖である親鸞が、ある日、弟子の唯円(ゆいえん)にこのように言いました。

「お前は私の言うことを何でも聞くと言うが、それでは、人を千人殺してこい。

 それができたら、お前の極楽往生は間違い無い」

唯円は師匠の言葉に驚いて、

「とんでもございません。私は一人とも人を殺すことなど出来ません」

と許しを乞いました。そこで親鸞は続けます。

「お前が人を殺せないのはお前が善人だからではない。ただ、お前に人を殺す縁が無かったからだ」と。

縁というものについて、大変考えさせられるエピソードですね。

植物は土地に種を蒔けば必ず花が咲く、というものではありません。

花が咲くためには、時間以外にも、新鮮な空気と水、そして太陽の光などの様々な「縁」が必要となります。

「人を助ける」というのも、私たちが進んで人様の良い「縁」とならせて頂きたいと願うことです。

そして、良い「縁」となって働かせて頂こうと思うなら、愛によって行動しなければうまく行きません。

愛がないのに、「問題を解決してやろう」「良い人間になろう」というエゴによって、逆に相手を傷つける人もおられます。

「過去は忘れなさい、マイナスをプラスに変えなさい」

これらの言葉が力を発揮するのは、愛が働いている時だけです。

きれいごとでは人は助かりません。

人を助けるとは、マイナスをマイナスとして、愛を持って一緒に受けとめること。

すると、それが良い「縁」として働き、マイナスの中にあるプラスが見えてくることなのです。

私たちが誰かのことを「何とかあの人が助かってほしい」と願う時、

その心は神様と同根であり、神様と同じ働きが生まれるということです。

私たちに人を助ける力など無いかも知れません。

しかし、その人を助けたいと願う心に神様が居られて、人を助ける働きを現わして下さるのです。

湧かし出す力

お道の教えにこのようにあります。

『金の杖をつけば曲がる。竹や木の杖をつけば折れる。神を杖につけばよい。神は、曲がりも折れも死にもなさらない。』
何かをアテにして生きるというのは、ちょうど杖をついて立っているようなものであります。
お金を持ちたい、地位名声を得たいという心は誰にでもあるものですが、何故そういう心を持つかと言えば、お金や地位名声が無いと心細いからです。 
心細く、自分一人ではしっかり立っていられない気がするので、お金の杖、地位名誉の杖が欲しくなる。また、そのような心持ちでありますから、杖はなるべく多い方が安心で、それで他人の持っている杖でも、出来る限り自分の方に余計に取り寄せたくなるのです。
しかし、心細い心を杖でしっかりさせようと杖を増やせば増やすほど、自分の足で立とうとしないことから、人間はさらに弱くなっていくのです。
何もお金や地位名誉が悪いのではありません。ただ、それらをアテにして、その助けでしっかりしたいという浅ましい心が改まらない限りは、どうしても持っているものについて心配が絶えず、それを増やそうということにばかり心を痛め、そのために人と争いさえしなければならないことになります。
それではお金や地位名誉を持っている人は皆間違っているかと申しますと、決してそんなことはありません。中には本当の持ち方をしている人もおられます。それは、杖ではなく、枝として持っておられるのです。
杖は自身を支える為に外から借りてくるものですが、枝は自身の中から栄えて出るもの、湧き出るものです。自身の中から湧き出たものは、人から取っていかれる心配はありませんし、人に差し上げたとしても、自分が倒れてしまう心配も無い。
「神を杖につけばよい」との教えは、自分自身の中に、神様が居られるということ。外のものを頼りにして杖につかなくても、この自分の中には、湧かし出す力が与えられていることに気付かせる教えであります。その力にさえ目覚めれば、杖が無くても、心細い気がしないようにならせていただけるのです。

人に向かう心を神に向けよ

『人の心は移り変わりやすいものである。

 その、人を頼りにするから、腹を立てたり物事を苦にしたりすることになる。

 人に向かう心を神に向けよ。』


自分の心の内に、「認められたい」「理解してもらいたい」という相手への期待があるのに、その通りにならない。

それどころか非難までされる。

しかし、よく考えてみますと、世の中すべての人から認められ、理解してもらえる、

などというのは幻想ですので、そのような甘えや期待を捨ててしまえば、もっと楽に生きられるようになります。

「誰にも非難されない人」なんて歴史上一人もいなかったですし、これからもそのような人など出てきません。

意見を述べる者には必ず非難があり、どんな見解に対しても必ず反対意見が出る。これが現実です。

自分にとっての「好き」を語るということは、必ず誰かの「嫌い」を刺激することになる。

非難する相手は相手で、自分の意見と違う意見を聞いて、それなりに傷つき、

自分自身を納得させたいために攻撃的になっているのです。

それは世の中の仕組みで仕方のないこと。苦しいけれど、受け入れてしまいましょう。

沈黙していれば「むっつりしている」と非難され、たくさん話せば「うるさい奴だ」と非難され、

ニコニコしていても「何か裏があるに違いない」と非難される。

そのような人の心を頼りにしたところで、自分が苦しむだけなのです。

信心とは、何かに頼る心ではありません。

相手にこちらの思うように動いてもらおうとするのではなく、むしろこちらが相手の思うように動きたいと願うことです。

挨拶でも、親切でも、仕事でも、こちらからさせていただくところに人間の本当の幸せがあります。

本当の夫婦関係、友人関係というものは、お互いに頼ろうとはしないものです。

相手に頼ろうとしないで、むしろこちらが相手の頼りになろうとする。

そういう人間同士が一緒に生活をして、友人となり、夫婦となり、親子となった時に初めて、

それが本当に頼りになる関係となるのです。

シナリオ

『人間は、生まれるときに証文を書いてきているようなものである』

「出来事には必ず教えがある」という言葉があるように、

この人生の中で、悩んだり、迷ったり、苦しんだりした時、

この出来事は「自分に何を教えているのか」と考えてみることが大切です。

その際、自分の人生は、自分の魂が書いたシナリオ通りであると信じることができたならば、

心はとても楽になります。


自分の魂の書いたシナリオ通りであるなら、

過去を悔やむこともない。未来を案ずることもない。

何故なら、自分の魂の成長のために、

最良、最高、最適なシナリオを神様とご相談のうえ決めて、この世に生まれてきたのですから。


そのように考えると、「死ぬ」ということも実は不幸ではないのです。

死ぬこともすべて、生まれる前に「自分が書いたシナリオ」なのです。

ですから、不運・不幸で死ぬのではなく、シナリオ通りに死んでいく。

死ぬのは、事故でも病気でも老衰でもなく、「寿命」しかないのです。

幼い子どもを亡くすというのは親にとってこれほど辛いことは無い。

出来ることなら自分が代わってやりたいと思うのが親心というものでしょう。

しかし、実はそれも、「子ども自身が生まれる前に書いてきたシナリオ」であり、

親も同様に、「子どもを先に逝かせる」というシナリオを書いて生まれてきたということになります。


残された親は悲しむのは当然なのですが、その悲しみを乗り越えられるかが重要なのですね。

亡くなった子どもは、悲しみだけでなく色々なものを親に与えにきてくれたのです。

悲しみの体験を通じて、その親は他の悩みや苦しみを抱える人たちの人生相談に乗ることができ、

優しく慰めることが出来るようになる。

そのような親になってもらうことこそが、亡くなった子どもの願いなのですね。

不幸にしか見えない事柄の中に、どれだけの恩寵があることか。

その苦悩や絶望が縁となって、神様の願いに気付かせていただき、

そこから信心の道に進ませていただけるのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター