FC2ブログ

あいよかけよ

『氏子あっての神、神あっての氏子、
 子供のことは親が頼み、親のことは子が頼み、
 天地のごとし、あいよかけよで頼み合いいたせ。』

人はそれぞれに立場と役割を持って生きています。

結婚すれば夫・妻となり、その夫婦に子供が生まれれば、その夫婦は、生まれた子に対して親となる。
親となった以上、そこにおのずから親の立場としての役割を受け持つことになる。
そして、親の立場としての役割を子に対して果たしていくことで、親は真の親になっていくのです。
それが親の道であり、親として生きるということです。

そして子もまた親に対して、子の立場と役割を受け持つ。
子の立場としての役割を親に対して果たしていくところに、子の道があるのです。

そのように一人ひとりがそれぞれ異なる立場と役割をもって生きているからこそ、
一人ひとりが異なる問題を抱え、一人ひとりが異なる願いを持って生きているのですね。
そして、そうした一人ひとりに神様が向かわれているのです。
難儀な氏子が一人ひとり神様に向かい、それぞれの願いに道がつき、立ち行くことが信心の目的とするところです。

「あいよかけよ」という言葉は昔の岡山地方の方言で、
「よいしょ、こらしょ」のような、二人で息をそろえて物を担ぐ時に使われていた掛け声であり、
助け合う関係を指しています。

親は子のことを神様に願い、親の立場としての役割を子に対して果たしていく。
子は親のことを神様に願い、子の立場としての役割を親に対して果たしていく。
親も子も、それぞれに願い合って、違う立場の役割を果たしあって生きていくのです。

そのように親と子が、万物を生かし育むこの天地のごとく
願い合い、働き合っていくところに、お互いが共に助かる道が開けてくるのですね。

「氏子あっての神、神あっての氏子」とは、
そのように私たち一人ひとりの願いに道がついていくことが、
私たち人間の願いの成就であるだけでなく、神様の願いの成就ともなるのです。

誰かの祈りの中で

『神に会おうと思えば、庭の外へ出て見よ。空が神、下が神。』

「神様を信じよ」と言われても信じるのは大変難しいことでしょう。
なぜ信じられないかと言えば、目には見えないものだからです。
目に見えないものは、いくら人から説明されてもやはり見えないものですから、疑えばキリがありません。

しかし、この世の実際は、目に見えないものが、目に見えるものを支えています。
美しく咲く花も、目には見えない地の下の根が咲かせているのです。
たとえ目には見えなくとも、私たちを助け、手を引いてくれる存在というのは、
実は私たちの周囲にたくさん在ると思うのです。

一つ例を挙げますと、このお道には「後ろ祈念」という言葉があります。
その名の通り、誰かの背中を祈らせて頂くこと。学校へ行く我が子、会社へ行く夫の後ろ姿に合掌し、
お礼を申して無事を願います。

合掌と言えば両手を合わせて頭を下げる。形の上ではただそれだけのことでありますが、
単に社交で頭を下げる低頭や、手を握り合う握手とは違い、
相手の地位や身分を尊敬するのではありません。

そこに神様を拝む心、有り難いと感じる心があってはじめて合掌となる。
人の背中に合掌するということも、相手の中におられる神様を拝むことに他なりません。

「どうぞ、あなたの中の神様がお働き下さり、今日一日、幸せに過ごせますように」
と念じて、両手を合わせる。それが合掌するということなのです。

そのようにして、人の背中に手を合わせることが出来るようになると、
だんだんと自分自身も有り難い心持ちになってまいります。

何が有り難いかと言いますと、自分も又同じように
誰かに祈られてここまで来たのだ、ということが分かってくる。
誰かの祈りの中で「生かされて生きている」ことが実感出来るようになる。
そのことが大変有り難いのです。

皆、誰かの祈りの中で生かされて生きている。
その祈りに気付いているか、いないかだけの違いなのです。

自分が変われば

『天地の神のおかげで生かしてもらっている者は、
合わせ鏡の間に置いてもらっているようなものである。悪いことも善いことも、
みな鏡に現れるように神様はご承知である。』

合わせ鏡に映るのは、常に自分自身ですね。
自分の心が人生に現れる。言い替えれば、人生で起きていることを見れば、
自分自身の心も知ることが出来るという教えです。

鏡に映った自分を変えようとして、いくら鏡に手を伸ばしたところで、
そこには実体がありませんね。
鏡に映る自分自身を変えてはじめて、鏡に映る光景が変わっていくのです。

人の姿が見えていても、自分の姿が見えていなければ、半分しか物事が見えていないのです。
不完全な見方ですから、自分の悪さが見えないのですね。

自分を見ることが足りない間は、すべて人のせいにして、不足をそこに持っていってしまいます。
よく、「これだけ自分は努力しているのに、相手は少しも良くなってくれない」という声を耳にします。
そのお気持ちは分かりますが、そのように嘆くだけでは道は開かれません。

合わせ鏡である周囲の人々の中に善なり悪なりが見えるということは、
自分自身の中にも、その相手と同じ善なり悪なりが在るということです。 
自分の心を見せられていることに気付いてはじめて、相手ばかりを責めるわけにはいかなくなります。  

そもそも、不平とか不足とかいうものが起こるというのは、
心のどこかに「自分だけが正しい」という思い違いがあるのです。

それが、自分自身が見えることで、他の人が悪いところを出してきても、
それが我が内にもあることを知っているので、簡単には責められなくなる、蔑ろにしなくなる。
そこから、相手の悪いところも許せるようになり、また善いところもよく見えてくるようになります。

相手が善くなってくれることを、こちらが何十年待ったところで、どうなることやら分かりません。 
それよりも、こちらが相手を悪く思ったり、辛く思ったりしないようになれればよい。
つまりは、自分が変わればそれでよいのです。

神様が現れ出る手助けをする

このような格言があります。

「おだてられれば、あなたを信じない。
 批判されれば、あなたを嫌いになる。
 無視されれば、あなたを許さない
 勇気づけられれば、あなたのことを忘れない。」

激励すれば人がついてくる。逆に賞賛や激励がなければ人はついてこない。
これって当たり前なことなのですが、ついつい忘れてしまうのですよね。
人は褒められたくて生きている、ということを。

褒められ、自己重要感が満たされることこそ、人が求めてやまないものなのです。
ブランドの服を着たり、人より少しでも高いステータスを求めたりするのも、
自己重要感を満たしたいということに尽きます。

仕事をしている時だって同じです。
オフィスの掃除をしている人が「いつも綺麗にしてくれて本当にありがとうございます」
「気分よく仕事ができます」と言われると、その人の自己重要感が満たされるのです。
他のどんな仕事だって、根本は同じ。
誰もが心の奥底では、他人に認められ、褒められたい。
自己重要感を求めて生きているのです。

『生神とは、ここに神が生まれることである』

神様というのは我々人間とは別にあるように思われていますが、
そうではなく、人間の中に現れる神様、生きた神様なのです。
大切なことは、相手の中の神様を信じること。その神様が現れ出る手助けをすることです。

傷つけられたとき、あなたはやる気がでますか?
出るのはせいぜい「あいつ、いつか覚えていろよ」という恨みだけですよね。
欠点をいくら言われても、自信を無くして傷つくだけ。
それが褒められると、能力以上の力を発揮するのです。

褒めることで、その人の自己重要感が満たされ、自信が生まれる。
その人の一番よいもの、よい働きが現れ出るように祈りながら、褒めてあげましょう。

「幸せ」とは丸い円

心を丸い円に喩えたとき、「幸せ」とは、その円が満月のように真ん丸な状態を言います。
「円満」という言葉があるように、満ち足りていて不足がない状態を「幸せ」と言うのですね。
それに対して「不幸せ」とは、何かしら不足があるために心の円に穴が空いていて、
半月になったり三日月になったり、人によっては、かじられ尽した林檎のようになっている。 

では、そのように心の円に穴を空けている不足の正体とは何かと言いますと、
それは「自分の期待通りにならない」という思い。これに尽きる。
不幸せな人というのは、何かしら不足を言われるものですが、それらはすべて、
自分の期待通りに人、モノ、お金が動いてくれないというものであります。 

しかし、そのような自分の不足というものを一体誰が埋めてくれると言うのでしょうか。
結局は、自分でしか埋められないのです。
幸せになろうとしながら、人を当てにしては不足を言って、幸せになれない心の在り方になってしまっている。
これが「迷い」なのですね。

そうではなく、「人から何かしてもらおうと思わなくても、この自分自身の中に限りのないお恵みを頂いているのだ。
私の中から、どんなことでもしようという心が出てくれば、何だって出来る。無限に良いものを私は授かっているのだ!」
このことに気付かせて頂くことが信心であり、そこに至ってはじめて、
自分の不足というものが無くなる。穴が埋まって円満となり、幸せになれます。

『おかげ(幸せ)は和賀心にあり。和はやわらぐで、賀は祝賀の賀である』

「和」とは、二つのものが一緒になることですが、その「和」の精神が表された形が円です。
車輪が四角だったら、車は前進しません。丸いから前進できるのです。
人においても同じことで、心に輪を描けば、人生を生き生きと生きていけます。
人生で出逢う人・事柄を通して、角のない人間にならせていただきましょう。
和らぎ喜ぶ心、丸い円のような心にならせて頂きましょう。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター