FC2ブログ

洗心

『信心する者は本心の玉を磨いて信心しなければならない。

 鉄でも磨けば銀のように見える。金銀も磨かなければ光がない。』


錆というのは、金属とくに鉄の表面が空気に触れて生ずる科学現象ですが、

空気のせいだけでなく、鉄自身がさびやすい性質を持っています。

さびやすい鉄でも、研いだり磨いたりを怠らないなら、

さびることなく光り続け、刃物ならよく切れるようになる。


人間の心でいう錆とは「我」というもの。

迷いやすい私たちの心も、よい教えに研いで頂くことが「我」が洗い流されて、

いつも美しい状態を保つことができるのです。


そもそも、「我」とは自分の力で生きているのだと勘違いするところから生まれてくるものです。

自分の力や努力のおかげでここまで来た。欲しいものを手に入れた。

物事を一生懸命頑張る人ほど、このような考えに陥りやすく、

周囲からも「我が強い人だ」などと言われます。


そして、そのような「我」がある為に、相手が神であれ人であれ、

心から感謝する心にはなれず、また心から頭を下げることも出来ない。

「我」があるために、他の人と隔たりが出来、対立することが起こってくる。

またそこから様々な問題も生じてくる。

さらに「我」のタチの悪いところとは、そうした自分の「我」に、自分自身が気付かないということ。

それが故に、人から諭されようが、責められようが、

かえって一層「我」を募らすことになるばかりなのです。


ただ、そのような強力な「我」というものにも、唯一の弱点があります。

それは、教えを聞いて自分自身で詫びること。

教えとは、この自分というものが、生かされて生きている我が身であった、

ということに気付かせるものです。

それが腹に落ちた時、これまでの自分を恥じて、詫びる心がでてくる。

「我」というのは、自ら気付いて、恥じ、詫びることによって、

不思議と消えてしまうものなのです。

わたしがわたしになるために

相田みつをさんの詩にこのようにあります。


この世は

わたしがわたしになるところ

あなたがあなたになるところ




「出来事には必ず教えがある」と言われるように、

この人生の中で、悩んだり、迷ったり、苦しんだりした時、

この出来事は「自分に何を教えているのか」と考えてみることが大切です。

わたしがわたしになるために、あなたがあなたになるために、

その悩みや迷い、苦しみはどうしても必要なものである。

そのように頂いてみてはいかがでしょうか。


お道の教えには、このようにあります。

『神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、このほかには何もないのであるから、

人の身の上にけっして無駄事はなされない。信心しているがよい。みな末のおかげになる。』


自分の人生は、自分の魂が書いたシナリオ通りだと

信じることができたならば、心はとても楽になります。

自分の魂の書いたシナリオ通りであるなら、

過去を悔やむこともない。未来を案ずることもない。


何故なら、自分の魂の成長のために、最良、最高、最適なシナリオを、

神様と相談のうえ決めて、生まれてきたのですから。


そして、その悩みや迷い、苦しみの中にある教えをしっかりと頂いたならば、

出来事に対して「ありがとうございます」と感謝することもできるようになるでしょう。

その悩みや迷い、苦しみが縁となって、わたしが理想のわたしになることが出来、

あなたが理想のあなたになることが出来るのです。


出来事だけではありません。

恩人というのも、なにも自分にとって感謝すべき人、尊敬すべき人に限ったことではありません。

反面教師もまた恩人。自分の魂がシナリオに描いた、重要な登場人物なのです。

無駄事なんて決してありません。

人を信じること

人を育てるとは、相手を信じ、思いやることです。

影響力のある人とは、権威をふりかざして

他人の間違いを非難する人のことでは決してありません。

相手の反感を買いながら、その人を変えることなど絶対に出来はしない、

ということを私たちは肝に銘じなくてはなりません。

誰しもが励ましの言葉を望んでいる。

自分の存在意義を認めて欲しいと切望しているのです。

ですから、他の人間が自分のことを本当に愛してくれていると信じ切れた時、

はじめて人は心の底から落ち着くことが出来、

自分の持ち味を発揮することが出来、成長することが出来るのです。


親と子の関係とは、言わばその代表例と言ってもよいでしょう。

親と子の間柄の良いところは、親が子を無条件に許すところにあります。

親は子どもの事を子ども自身が知っているよりもよく知っており、

子どもの欠点短所をもよく知っていて、その上で可愛がることが出来る。

また欠点短所を許すことが出来る。

子どもからすれば、この「知っていて可愛がってくれる」、「知っていて許してくれる」、

ここに有り難いところがあり、助かるところがあり、育てられるところがあるのです。


自分の秘密を親ほどよく知っていて、もし可愛がらないということになれば、

これほど恐ろしい敵はいません。油断も何も出来たものではない。

けれども、子どもが親の前では用心せねばという気が少しもしないのは、

自分のありのままを親が愛してくれる、許してくれる、と

子ども自身がよく分かっているからなのです。


その深い親しみは何とも言えぬものですが、

もし名をつけるとすれば、これこそが「信じる」という心持ちなのでしょう。


人を信じて励ますこと。これが出来る人はどこにいても偉大な教育者となれるのです。

人を信じてこそ、相手は誠実に応えてくれる。

優れた人間だと認めてこそ、優れた資質を示してくれるのです。

育てるとは、信じること。このことを忘れてはなりません。

心を丸く、円にして

『おかげは和賀心にあり。

和はやわらぐで、賀は祝賀の賀である』


「和」とは、二つのものが一緒になることですが、

その「和」の精神が表された形が円です。

車輪が四角だったら、車は前進しません。

丸いから前進できるのです。


人においても同じことで、自分の心を円にしてはじめて、

この人生を生き生きと生きていけるようになるのです。 


また、心がそのように丸くなっている状態を、「幸せ」とも呼びます。

「円満」という言葉があるように、満ち足りていて不足がない状態を言うのですね。

それに対して「不幸せ」とは、何かしら不足があるために心の円に穴が空いていて、

半月になったり三日月になったり、人によっては、かじられ尽した林檎のようになっていたりする。 


では、そのように心の円に穴を空けている不足の正体とは何かと言いますと、

それは「自分の期待通りにならない」という思い。これに尽きます。


不幸せな人というのは、何かしら不足を言われるものですが、

それらはすべて、自分の期待通りに人、モノ、お金が動いてくれないというものなのです。 


しかし、そのような自分の不足というものを一体誰が埋めてくれると言うのでしょうか。

結局は、自分でしかその穴は防げないのです。


幸せになろうとしながら、人を当てにしては不足を言って、

幸せになれない心の在り方になってしまっている。これが「迷い」なのですね。


そうではなく、

「人から何かしてもらおうと思わなくても、この自分自身の中に限りのないお恵みを頂いているのだ。

私の中から、どんなことでもしようという心が出てくれば、何だって出来る。

無限に良いものを私は授かっているのだ!」


このことに気付かせて頂くことが信心であり、

そこに至ってはじめて、自分の不足というものが無くなる。

穴が埋まって円満となり、幸せになれるのです。

心を丸く、円にすることをいつも心掛けていきましょう。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター